細胞壁が分厚くたくましく活躍してくれるプロディアの乳酸菌

サントリー社が開発した乳酸菌の製品の1つに、プロディアがあります。その製品は、やや特殊な乳酸菌が用いられているようですね。細胞壁に厚みがあり、かなり過酷な環境でも生き延びる事ができるようなのです。

 

過酷な環境で育てられた乳酸菌

 

そのプロディアという製品を作るに当たり、サントリー社は培養を行っていたようです。培養というのは、もちろん乳酸菌に対するものです。
ただその培養の環境がやや特殊で、サントリー社の場合はかなり過酷な環境で培養をしていたようですね。というのも、その方が乳酸菌がタフになってくれるようなのです。
過酷な環境で培養された乳酸菌は、なんとかその環境で生き延びようと頑張ります。それでだんだんと乳酸菌の体質のようなものが、変化していくようなのですね。乳酸菌の一番外側には、細胞壁があります。過酷な環境で育てられると、それがだんだんと厚くなっていくようなのです。

 

胃や腸で活躍してくれるプロディア

 

ところで人間が乳酸菌を摂取した場合、しばしば胃袋がクローズアップされます。というのも胃の中には、多くの酸があります。その酸は乳酸菌を溶かしてしまいますので、腸まで届かない事もしばしばあるようですね。それでは効果が半減してしまうでしょう。
ところがプロディアに用いられているプロテクトと呼ばれる乳酸菌の場合、前述のように細胞壁がとても分厚いので、そのような環境で生き残る事ができるのだそうです。ですので腸まで届きやすくなるでしょう。
また人間の腸内も、そこそこ過酷な環境です。しかしプロディアの乳酸菌は壁が厚いわけですから、その環境でも活躍できるかと思います。つまり人間の体内でタフに活躍してくれるのが、プロディアという製品の特徴と言えます。