腸内環境を整えてくれると見込まれる私が本日注目した野菜ジュース

本日私はあるお店で買い物をしていた時に、ふと興味深い商品を見かけました。野菜ジュースです。それも果物入りの野菜ジュースですね。ジューシーな味覚になっていますので、とても飲みやすいと思うのですが。
ところでその野菜ジュースは、お腹の中の環境を整えてくれると考えます。なぜなら含まれている野菜の種類が、非常に多いからです

 

腸内環境を左右する品目数

 

026.jpg

私たちのお腹の環境を整えるためには、品目数が大切になってきます。その数が少ないと、ちょっとお腹の環境が悪くなってしまう事があるのですね。

 

数が少ないというのは、例えば偏食です。何らかの食品に偏っているような食生活などは、身体に対してあまり良くありません。特定の栄養分が不足してしまいますので、体調不良を覚えてしまう事も多いからです。
逆に品目数が多いとなると、お腹の環境を良くなる事が多いと言われています。一般的には、1日に30種類程度は食品を摂取するべきと言われているのですが。

 

野菜ジュースが腸内環境を良くしてくれる理由

 

 

027.jpg

ところで冒頭で申し上げた野菜ジュースなのですが、その品目数が非常に多かったのです。確かその野菜ジュースの中に含まれている種類は、全部で35ですね。上記で申し上げた30種類という数を大きく上回っている訳ですから、かなりバランスの良い食生活が望めるのではないでしょうか。ですのでその野菜ジュースを摂取すれば、お腹の環境を良くなってくれると思われます。

 

ただし、もちろん野菜ジュースだけでは不十分ですね。野菜ジュース以外の食材も摂取しない事には、ちょっとお腹の環境を悪くなってしまうかと思われます。あくまでも町内環境を良くする為の「サポート」の意味合いが強いですね
それを考慮しても、上記の野菜ジュースはお腹にはとても良いと思います。

2015/03/27 01:09:27 |

サントリー社が販売しているプロディアという商品は、とてもメリットが大きいと考えます。メリットは色々とあるのですが、その1つはその製品の中に含まれている乳酸菌の量です。1日に必要な量を服用するだけで、十分量が摂取できるのです。

 

1日に必要な乳酸菌の摂取にやや労力が必要なヨーグルト

 

そもそも私達は、乳酸菌をコンスタントに摂取するのは大切だと考えます。それも1日に、ある程度まとまった量の菌を摂取する必要があるでしょう。
例えば1日3億個の乳酸菌を摂らなければならないとします。2億だけですと、必要な量には少々足りません。
そこで必要量を摂る為にヨーグルトなどを用いるのですが、それはやや労力が必要です。ヨーグルト1個だけを摂取する時には、1.5億個だけ摂取できるとします。ということは、ヨーグルトを1日に2個食べる必要があるのですね。毎日それを2個摂取するのは、とても大変だと思います。

 

15億個の乳酸菌が含まれるプロディア

 

ところが前述のプロディアという製品の場合、それが比較的簡単に摂取できるのです。その製品の場合は、15億の乳酸菌が含まれているようですね。1粒につき5億の乳酸菌が入っているそうなので、1日に3粒飲み続ければ目標の個数をクリアできます。
そしてプロディアの場合、ヨーグルトと比較すると労力も少ないかと思います。毎日2個のヨーグルトを摂取するのは少々手間がかかりますが、プロディアの乳酸菌は3粒摂取するだけですので、それほど労力は必要ありません。
それとプロディアの中に含まれるプロテクトという乳酸菌は、とてもタフです。ヨーグルトに比べれば、お腹の中でたくましく生き延びてくれると期待できます
つまり「乳酸菌を摂取する為の労力が少ない」のと「たくましさ」がプロディアの主な特徴ですね。

2015/03/27 01:09:27 |

近頃私は、ちょっと体調があまり良くありません。昔はそれほど体調が悪くなることも無かったのですが、最近はあまり芳しくないですね。それで最近は、私はある有名なメーカーから販売されている乳酸菌の製品に興味を持っています。

 

体調が良くないのでネットで情報収集

 

ここ最近の私は、昔よりもお通じが悪くなってきていると感じています。それが災いしてか、最近は肌の調子もあまり良くありませんね。何となく吹き出物などが多くなってきているように思うのです。恐らくお腹の環境が原因でしょう。最近は不摂生な食生活だった事もあり、お腹の調子はあまり良くないのです。それで肌の調子も悪くなってきていると思うのです。
そこで最近、ちょっとインターネットで色々な情報を集めました。腸内環境を改善してくれる商品が、きっと販売されていると思ったからです。

 

タフな乳酸菌で体調が変わってきた

 

ある時に私は、ある有名なメーカーが提供をしている乳酸菌の製品に注目しました。その乳酸菌の場合、形状に特徴がありますね。
乳酸菌の一番外側には、細胞壁があります。上記のメーカーによる乳酸菌は、その壁がかなり厚いので、お腹の中でタフに生き延びてくれるようなのですね。もちろん胃の中の酸にも耐えてくれるとも思うのですが。
それで私は、試しにその乳酸菌の製品を購入したのです。それを購入してからすでに1ヶ月ほど経過しましたが、お腹の調子などはだいぶ変わってきたように思います。体調不良を覚える事も、以前に比べるとだいぶ少なくなったとも思います。恐らく上記の細胞壁が厚い乳酸菌が、お腹の中で頑張ってくれているのでしょう
良い兆候だと思います。もうしばらく続けてみて、体調が更に良くなるか見極めて行こうかと思っています。

2015/03/27 01:08:27 |

サントリー社が開発した乳酸菌の製品の1つに、プロディアがあります。その製品は、やや特殊な乳酸菌が用いられているようですね。細胞壁に厚みがあり、かなり過酷な環境でも生き延びる事ができるようなのです。

 

過酷な環境で育てられた乳酸菌

 

そのプロディアという製品を作るに当たり、サントリー社は培養を行っていたようです。培養というのは、もちろん乳酸菌に対するものです。
ただその培養の環境がやや特殊で、サントリー社の場合はかなり過酷な環境で培養をしていたようですね。というのも、その方が乳酸菌がタフになってくれるようなのです。
過酷な環境で培養された乳酸菌は、なんとかその環境で生き延びようと頑張ります。それでだんだんと乳酸菌の体質のようなものが、変化していくようなのですね。乳酸菌の一番外側には、細胞壁があります。過酷な環境で育てられると、それがだんだんと厚くなっていくようなのです。

 

胃や腸で活躍してくれるプロディア

 

ところで人間が乳酸菌を摂取した場合、しばしば胃袋がクローズアップされます。というのも胃の中には、多くの酸があります。その酸は乳酸菌を溶かしてしまいますので、腸まで届かない事もしばしばあるようですね。それでは効果が半減してしまうでしょう。
ところがプロディアに用いられているプロテクトと呼ばれる乳酸菌の場合、前述のように細胞壁がとても分厚いので、そのような環境で生き残る事ができるのだそうです。ですので腸まで届きやすくなるでしょう。
また人間の腸内も、そこそこ過酷な環境です。しかしプロディアの乳酸菌は壁が厚いわけですから、その環境でも活躍できるかと思います。つまり人間の体内でタフに活躍してくれるのが、プロディアという製品の特徴と言えます。

2015/03/27 01:07:27 |

乳酸菌の製品を提供しているメーカーは色々ありますが、その1つはサントリー社です。そのメーカーの名前は、非常に有名ですね。ビールなどを飲んでいる方々であればご存知かと思いますが、かなり知名度が高いのでほとんどの方がご存知かと察します。
ところでサントリー社が提供している乳酸菌の製品の1つに、プロディアがあります。プロディアの乳酸菌は、植物性なのが特徴です。

 

乳酸菌の難関である胃酸

 

そもそも乳酸菌がお腹の中で活躍をする為には、必ず難関を突破する必要があります。その1つが胃袋なのですね。
胃袋の中には、非常に多くの酸が入っています。その酸は非常に強く、胃袋の中に入ってきた乳酸菌を死滅させてしまうほどの力を持っているのですね。
せっかく乳酸菌を摂取しても、その酸で死滅させられてしまっては効果も薄れてしまうでしょう。ですので最近は、胃酸に強いタイプの乳酸菌もいくつか登場していて、その1つが上記のプロディアなのです

 

植物性なので胃の中でも死滅しづらい

 

前述のようにその商品の乳酸菌は植物性なのですが、それは酸に対する耐性を持っているのです。乳酸菌と言うとヨーグルトというイメージが強い方も多いかと思いますが、それは漬物などにも多く含まれています。あの漬物の中にある乳酸菌は、上記の酸にはとても強いのですね。このため胃袋を通過しやすくなると見込めますので、お腹の環境を良くなってくれるでしょう。現にサントリー社としても、その点を大きくアピールしているのですが。
またその乳酸菌に対しては、ちょっと独自の加工が施されているようですね。それで胃袋の中でも耐えられるようになっているようです。ですのでお腹の調子が今一つと思っているような時は、ちょっとプロディアを服用してみるのも良いと思います。